2005年07月16日

学生団体って何であるの?


最近、やったら学生団体が多く出来てる。
個人的にはうれしい。

何で嬉しいかっていうと二つある。
・意識の高い人が増える
・意識の高い人とつながることが容易になる。

意識の高い人の定義はとりあえずおいておく。定義してもこの議論の進展には大きくは影響しないから。みなさん独自の感覚で捕らえてください。

でも、これらについては考えてみたい。
@学生団体って何?(学生団体とは)
A社会的にどういう意味があるのか
B本当に俺が嬉しがってる理由(意識の高い人が増える・つながることが容易になる)のような状況になるのか


@学生団体って何?

とりあえず、ネット上で調べて近かった考え方を書き出してみます。

ところで、学生団体ってなんだろう。
一般的に言われるのが、
サークルはその活動そのものを目的としているのに対して、
学生団体とは、何か社会へと影響を与える団体・・・らしい。


なるほどね。でも何か違う。っていうか社会へと影響を与える団体なんて、別に定義づけはいらない。じゃあ、何だろう。

まず、学生団体って言葉から推測するに、
「学生の団体」
・・・
何じゃそりゃ。
じゃあこうしましょう。

「学生が主体となっている団体」

・・・
何か違う。

別に社会人が主体となっていてもいい気がする。

これならどうだ!
「学生が運営の主体となっている団体」

うん。だいぶ近づいたぞ。これに当てはまるのは
運動系サークル・イベントサークル・文科系サークル・その他のサークル・部活・学生主体ベンチャー・クラス・研究室
って感じかな。

何か近いけど違いません?あ、これも言える

「学生が自主的に設立したもの」

こうすると、クラス・研究室が抜けますね。

んでようやくサークルは学生団体に入るのか。って話しになります。

結論から言うと俺は
「入るといえば入るし、入らないといえば入らない」だと思います。

ようするに広義の意味での学生団体ってのは
「学生が運営の主体となり、かつ自主的に設立したもの」
ってのが定義かなと。

その一方で
「広義の学生団体の内で、参加する学生が運営を通して成長をすることを一番ではなくとも大きな目的として持っている団体」

ってのが狭義での学生団体かな。例を述べます。

・テニスサークル;テニスサークルの運営がしたくて入る参加者ってのは少数だな。成長したいってのは違う。楽しみたいが
・イベントサークル;極めて微妙ですね。楽しむことがメインなら違うと思う。その一方で呼ぶ人のターゲットを、自分の成長へとつながる人達にするなら、学生団体と呼べる可能性がある。
・投資団体;お金儲けが本当にメインならば、俺は学生団体ではないと思う。そうではなく、投資を回収するという目的を持った上で、自分達が金融知識・社会情勢の知識等を学びたいと考えているのならば、それは学生団体
・学生ベンチャー;投資団体と同じ。

長くなったので、続きは次の記事へ!
posted by kazuhak at 00:42| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 怒涛のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白の背景に黄色の文字は読みにくいです・・・
検索で上位に上がるので出来れば色を変えてほしいです
Posted by at 2012年10月03日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。